なにがなんでもお金を借りたい!審査の甘い消費者金融のガッツリ厳選してご紹介

消費者金融で何が何でもお金を借りたい!

審査の甘い消費者金融の最新情報を配信!

消費者金融で何が何でもお金を借りたい方に

当サイトは何が何でもお金を借りたい方のために、審査の甘い消費者金融をご紹介すると共に、少しでも審査が通過できるようなコツなどもお教えします。

 

 

今までなかなかお金が借りれないとお悩みの方にはきっとお役に立てるはずです。

 

 

ところで、消費者金融でお金を借りやすくするには、どんな条件が備わっていれば良いのかご存知ですか?

 

 

何が何でもお金を借りたい人は以下の条件をしっかり覚えておいて下さい。

 

 

 

【消費者金融でお金が借りれる条件】

 

 

20歳以上であること

 

 

安定収入があること

 

 

過去5年以内に長期延滞が無い事

 

 

過去5年以内に破産歴が無い事

 

 

過去5年以内に債務整理歴が無い事

 

 

他社借入がゼロもしくは少ない事

 

 

年収の3分の1を超える借金が無い事

 

 

 

以上の条件を満たしている人は基本的にどこの消費者金融でもお金が借りれます。

 

 

 

 

消費者金融はもともと審査が甘いのが普通です。

 

審査が厳しい消費者金融やカードローンは基本存在しません。

 

 

 

 

だから、住宅ローンや教育ローンやマイカーローンなどに比べて格段にお金が借りやすいのです。

 

普通は消費者金融の審査に落ちるなんてことはほとんど無いはずなんです。

 

 

 

 

それでも、消費者金融の審査に落ちる人って、やはり何らかの問題があるわけです。

 

その『問題』こそが先ほど上記で取り上げた「消費者金融でお金が借りれる条件の1〜7までを満たしていない人です。

 

 

 

上記の1〜7を満たしていない人は消費者金融の審査に通り難いわけです。

 

 

 

しかし、当サイトでは上記の1〜7を満たしていない人でも審査が通りやすくお金を借りれる消費者金融を取り上げております。

 

何が何でもお金を借りたい人にはきっとお役にたてるはずだと信じております。

消費者金融で借りれなくてガッカリしている方に!(お金が借りれない訳は?)

どこの消費者金融でもお金を借りるには審査が必要です。消費者金融の審査は貴方がその融資の申込をした消費者金融からお金が借りれるかどうか、そしていくらまで借りれるかを決定する為に行われます。

 

当然でありますが、審査に通る人(お金が借りれる人)と審査に落ちる人(お金が借りれない人)の2つにわかれます。

 

 

 

お金が借りれた人は何となく気持ちがほっとするものですが、反対にお金が借りれなかった人はガッカリすると同時に頭にくることもあります。

 

 

お金に困っているのにその日の内に現金が手に入らなかったという失望感がこみあげてくると同時に消費者金融で審査に落とされると何か自分自身の担保価値を低く見られたと思ってしまうからです。

 

 

 

消費者金融でお金を借りるつもりで申し込みをする人は最初から「しっかり返済するぞ!」という気持ちで融資の申し込みをします。

 

間違っても最初から延滞しようとか自己破産をするつもりでお金を借りる人はいません。

 

 

 

 

借りたお金はきちんと返すという気持ちがあるのにお金を貸してくれない消費者金融に対しては苛立ちや腹立ちを覚えるものです。

 

では消費者金融でお金が借りれない訳や原因は一体何でしょうか?

 

 

 

 

それは各消費者金融の審査基準や融資申し込みをする人の「信用情報(信用力)」、「本人属性」や「他社借入件数」、「総量規制」、「融資の時期的なタイミング」など様々な複雑な要素が消費者金融の審査に影響を及ぼします。

 

 

の本人属性や信用力などが申込みをした消費者金融の審査基準を満たしていないから審査に落ちるわけです。

 

 

 

当サイトでは、消費者金融でどうしてもお金を借りたいという人の為に少しでも高い確率で融資可決できるような方法や審査が甘くて借りやすい消費者金融情報などを御紹介しております。

 

どうせ借りるなら確実に借りたいですよね?!まぁ確実に借りれるという保証はありませんが、今までなかなか消費者金融でお金を借りれなかった人も当サイトを見れば借りれる人が続出すると思います。

 

 

当サイトを参考に消費者金融を選ん、で申し込んでみれば借りれなくてガッカリするということはないはずです。

 

消費者金融とは?(参考知識)

 

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。 また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

 

ウィキペディアより

 

 

 

まぁ、簡単に開設すれば・・・・消費者金融とは「担保、保証人など原則不要とするフリーローン」です。

 

 

通常、住宅ローンや他のローンは融資時に担保が必要だったり連帯保証人が必要になったりします。

 

しかし消費者金融の場合はこの担保、保証人を省いたお手軽なローンであり、「本人の返済能力と信用力」のみでお金が借りれるローンといえます。

 

 

従って、消費者金融は本人の信用が無ければお金を借りることができません。

 

その本人の信用力を何で判断するのかと言いますと・・・・・「安定収入」、「過去のローンやクレジットの履歴」などです。

 

 

前者の「安定収入」は返済能力を計るバロメーターになりますし、「過去のローンやクレジットの履歴」は本人の信用度を計るバロメーターになります。

 

 

消費者金融は「安定収入」と「信用情報」の2点が車の両輪の如く重要でどちらかが欠けていては審査が通りませんしお金も借りれません。

 

 

その「返済能力」と「信用力」のみでお金を借りれるのが消費者金融です。

 

 

消費者金融の特長としては借りたお金の利用目的は基本的に自由です。

 

一部の例外を除いてどんな目的でも利用が可能です。

 

 

 

遊び目的のお金、デート目的のお金、生活費の支払い目的、車やパソコンの購入目的、リフォームの資金、子供の学費や塾費の目的、コンパや女子会、旅行費用・・・・などなど色々な目的で借りたお金を使えます。

 

ギャンブルだってOKです。

 

 

ただ例外として「違法な利用目的」や「事業者資金の目的」では使う事は出来ません。

 

 

 

以上消費者金融の定義と特長などを解説しました

消費者金融の歴史(参考知識)

消費者金融の審査から融資までの流れ

消費者金融の審査に重要なと属性(参考知識)

消費者金融の審査に重要な個人信用情報(参考知識)

消費者金融の種類(銀行系・信販系・街金系):参考知識

消費者金融の使いみち(参考知識)

消費者金融で何が何でもお金を借りれるコツ

 
 

ホーム